スマートフォン版はこちら

 

ガリガリウォールスクラッチャー

猫のスペシャリストである服部先生がおすすめする“愛猫グッズ”

ガリガリウォールスクラッチャー

◆東京猫医療センター服部先生オススメセレクション◆
ネコちゃんたちの爪とぎ習慣を研究し尽くした構造!

ネコちゃんが立ったまま背伸びして使える、壁面設置型スタンディングタイプの爪とぎです。
ネコちゃんにとっての爪とぎは本能的な理由が様々ありますが、だからといって自由に爪とぎをさせてしまうと部屋の中がボロボロになったり、騒音の原因になってしまいます。そこで、爪とぎをしても良い場所を確保する必要があり、ネコちゃんが好む爪とぎには基本原則があります。

ネコちゃんの爪とぎ三原則

●過去に爪とぎをしたことがある場所
●目立つ場所や物
●素材そのもの

この中で最大の影響を及ぼすとされているものが、3つ目の『素材』です。
この『素材』をネコちゃんの嗜好に合わせて更に具体的にすると、以下の条件が浮かびあがります。

ネコちゃんの理想的な爪とぎ

●最低高さ30cm
●安定感(体重を掛けても動かない)
●縦方向の繊維
●引っ掛かりの良さ

この全てを兼ね備えているのが、ガリガリウォールスクラッチャーです。
内側は爪とぎ用に開発された段ボールを全面に使用し、削りカスが飛び散りにくい構造になっています。また、ウォールスクラッチャーを安定させる「底面滑り止めシール」がついているので、爪とぎ時にねこちゃんが転倒することを防ぎます。更に、ネコちゃんを躾ける時や興味を示さない時に爪とぎにふりかけることができる「またたび」が付属しています。

ガリガリウォールスクラッチャー

価格:

3,240円 (税込)

[ポイント還元 32ポイント〜]
購入数:

在庫

この商品について問い合わせる

組み立て方法

商品仕様

●ガリガリウォールスクラッチャー

  • 素材:紙、段ボール
  • サイズ:約35x32x72cm
  • 生産国:中国
  • 付属品:底面滑り止めシール、またたび

学びコンシェルジュの声

服部 幸
ネコちゃんは痛みや具合の悪さを隠す生き物です。それゆえ具合が悪くても、できる限り気丈にふるまってしまいます。 具合が悪くなった時点では、病気がかなり進行している可能性もあります。
具合が悪くなった時点では、病気がかなり進行している可能性もあります。
日頃の観察とコミュニケーションでできるだけ小さな異常を見つけてあげることで病気の早期発見、早期治療が可能になります。
こちらは私が病院で使っているものや、患者さんにおすすめしているものです。ぜひ猫ちゃんの健康管理に暮らしに、活かしていっていただければと思います。
服部 幸
北里大学獣医学部卒業。2年半の動物病院勤務を経てSyuSyu CAT Clinic院長を務める。 アメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了後、東京猫医療センターを開院。国際猫医学会(ISFM:International Society of Feline Medicine)から、アジアで2件目となるキャットフレンドリークリニックのゴールドレベルに認定。

ページトップへ